人口カバー率の高さはwimax

wimaxのモバイルインターネット回線としての優位性を示すデータとして、その人口カバー率の高さがあります。wimaxの全国に対する人口カバー率は85パーセントと言われており、これはモバイルインターネット回線の中ではズバ抜けた数字です。docomoのクロッシィで30パーセント、ソフトバンクのLTEで40パーセントというから、その優位性の高さがよくわかるでしょう。さらに言うと、wimaxの全国の主要都市では人口カバー率99パーセント以上になっています。まさに圧倒的ですよね。しかもwimaxの場合、ここまでの基地局の普及の高さがありながら、実際に使用している人はかなり少なくなっています。これはwimaxが不人気だからということではなく、スマートフォンに標準搭載されつつあるクロッシィやLTEと違って、wimaxはわざわざ契約しなければ使えない回線だからです。したがって、回線の混雑度が低く、クロッシィやLTEよりも高速のインターネット接続が可能になっているのです。広いエリアでゆったりと使えるモバイルインターネット回線を探しているのなら、wimaxはぜひオススメしたい回線ですよ。何卒ご検討ください!